幸せの黄色いクロスカブ

tamafoto1.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 18日

根負け

今日は休みだ!ツーリングだっ!v(・∀・。)
いや、草むしりだっ!(TωT)
道具はコレッ!!

e0346254_185099.jpg

それにコレッ!!!

e0346254_18261077.jpg

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村



だれかさんみたいにヨメから叱られてするんじゃないよ。(^^;
自発的にむしるんです。「根負けした」とも言いますが・・・。

道具は何もなし。全部手作業で草を「引き抜き」ます。
水田の多い私の田舎のほうでは「草刈り」ではなく、「草引き」といいます。
うちの庭は広くないから、いつも「草引き」です。
今日もやったるでー!

註)ここは家庭菜園ではありません。\(-。。-#

e0346254_18282762.jpg

得意の定点撮影、やってみました。

e0346254_1850279.jpg

これだと面白いように草が減っていきますが、実際は大変でした。じわじわと汗が流れました。

手前に植えていたミントは、跡形もなく消えていました。
庭の一番奥は、やっかいなドクダミが生い茂っていました。
丈夫な地下茎が張っているので、引き抜いても途中で切れて地下茎は残るんです。
地表に出ている部分だけ取っても、すぐにまた生えてくるでしょう。

e0346254_183202.jpg

いい考えが浮かびました。
ドクダミはこのまま残しておいて・・・
これじゃ!

e0346254_18324376.jpg

根から枯らす・・・でおなじみのラウンドアップ。
これを撒きました。

e0346254_1836330.jpg

家の西側だけでやめようかと、残りはヨメに取っておこうかと考えましたが、待て待て。
ここは全部やってしまって「貸し」を作っておくことにしましょう。
南側も定点撮影。

e0346254_18354737.jpg

こんな姿は彼女に見られたくない・・・。いないけど・・・。

e0346254_18364596.jpg

蚊取線香は効果抜群でした。手首を1回刺されただけでした。

11時から2時半過ぎまで、これだけの草を引きました。こうして見ると、大したことはありませんね。

e0346254_18382242.jpg

打ち上げは冷えた発泡酒と一平ちゃん。
カーッ、うまかった。これ以上ないというくらいにうまかったデス。

e0346254_18574875.jpg

ツーリングよりも、ある意味爽快でした。
[PR]

by tama_photo1 | 2015-09-18 18:58 | その他 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://tamafoto1.exblog.jp/tb/23688517
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 雨ガエル1号 at 2015-09-19 09:55 x
私も先日、草むしりをさせていただきました。
蚊取り線香、必要ですね(笑)
Commented by tama_photo1 at 2015-09-19 10:30
私もね、雨ガエルさんのブログを見てなかったらどこかへツーリングしてましたよ。常連のkiyomakoさんも草刈正雄だったようです。
ひところの暑さがやわらいで、草むしりに絶好の季節になってきました。(^^;
Commented by cross-panache at 2015-09-24 08:36
お疲れ様でした〜!^^
広い敷地の豪邸は大変そうですね〜^^
この貸し(?)は高くつきそうですが...^^;
Commented by tama_photo1 at 2015-09-24 09:58
おはようございますガタローさん。
職場の草むしりもやってますよ。ここは広いので同僚が自宅から刈払い機を持参してボランティアで刈ってもらっています。私は手作業で刈り残し部分をチマチマと。おかげで足腰ガタガタです。
今日明日が休みなので、ヨメに放し飼いにしてもらいます。安いでしょ。
Commented by salgadou at 2015-09-25 10:54
弓道部やアーチェリー部の人がたまさんの後ろ姿見たら、指がピクピクするよね(^^)
Commented by tama_photo1 at 2015-09-25 17:49
教授、私もね、こんなにみっともないとは思ってませんでした。
たまには自撮りもすべきですね。( ̄ω ̄)


<< 第7回カフェカブパーティー i...      3,000キロ点検 旧車との遭遇 >>