幸せの黄色いクロスカブ

tamafoto1.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 13日

45年前へタイムスリップ

オークションで手に入れたジャンクの腕時計。
修理ができました。
シチズン・コスモトロンX8といいます。
e0346254_14218.jpg




45年前、私はこの時計と同じものを持っていました。
高校の入学祝として父が買ってくれたものでした。
いつの間にか失くしてしまいましたが、生まれて初めての腕時計でしたから、その名前もデザインもはっきり覚えています。
何を思ったか1年ほど前からこの時計が無性に欲しくなり、オークションをずっとウォッチし続けました。
「コスモトロン」という時計はちょくちょく見ます。デッドストック品が入札がないまま何度も繰り返し出品されています。
しかし、45年前の、あの形のコスモトロンはまったく出品されません。
あきらめかけていた今年の9月、やっと出てきたのは動かないジャンク品のX8でした。
2,180円で落札。ベルトもない状態で家に届きました。
e0346254_1535379.jpg

触ってみましたが、リューズが動きません。引き出すことができないのです。
近所の時計店に修理を頼む前に、修理ができるかどうか事前にネットで調べてみました。
このコスモトロン、電池で動きます。でもクォーツではありません。
電磁テンプ式という、早い話が電気仕掛けの時計なんですね。それでやたらの時計店では「部品がない」という理由だけで、受け付けてもらえないのではないかと心配したのです。
「コスモトロン」「修理」で検索したら岡山で細々と時計修理を続けている人がヒットしました。

馬場時計修理

コスモトロンの修理経験も何度かあったので、さっそくメールで修理を依頼。
「修理完了は12月末くらいになりますがいいですか?」との返事に戸惑いましたが(数週間でできると思っていた)、他に頼るところがないので時計を送りました。
そして待つこと2ヵ月。
コスモトロンX8はすっかりきれいになって戻ってきました。
e0346254_2112838.jpg

うれしくてうれしくて、さっそく今日ベルトを買いに出かけました。
16歳のときのコスモトロンにはメタルバンドがついていたと思います。
61歳だから、革ベルトでいいですよね。
e0346254_2133349.jpg

[PR]

by tama_photo1 | 2015-12-13 02:20 | その他 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tamafoto1.exblog.jp/tb/23957147
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 真空管アンプ      暖房機? >>