幸せの黄色いクロスカブ

tamafoto1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 02月 21日

メタルフィルタードリッパー

金網式のコーヒードリッパーを買いました。
神戸のそごうで1,200円くらい。
わざわざ神戸で買う必要もなかったのですが、なにか自分用に神戸の思い出をと・・・。
e0346254_14423164.jpg




バイクで「野点コーヒー」をする場合、バーナーやらドリッパーやら紙フィルターやら、こまごました道具を積んでいかねばなりません。メタルフィルターだとそれが簡略化できます。
まず、紙フィルターが不要です。そして1杯だけならサーバーもいりません。
サーバーはガラス製なので、運搬にも気を遣うんですよね。
これは本体がプラで出来ているので、バイクにはうってつけだと思います。

さっそく淹れてみまする。
豆はドリッパー付属の計量スプーンで1杯、10グラムほど。
e0346254_14502363.jpg

カップの上に直置きしてお湯を注ぎます。
落ちたコーヒーが見えない(量が分からない)ので、はじめからポットの湯量をカップ1杯分にしておきました。
e0346254_14504428.jpg

お湯はサッと落ちてしまって、すぐに出来上がり。
e0346254_14514124.jpg

使い終わったドリッパーは専用スタンドに置きます。したたるコーヒーもここで受けてくれます。
e0346254_14533331.jpg


感想

飲んでみました。
このドリッパーで初めて淹れたコーヒーだったので、要領がつかめない点もありました。
まず、お湯の落ちる速度が紙より早い。結果、あっさりし過ぎた味になりました。
2回目に淹れたときは意識的にゆっくりとお湯を注いだので、まぁまぁコクのある味になりました。
豆の量はケチらずに、1.5倍くらい多めがよさそうです。
紙フィルターのマイルドな感じとは対照的に、ワイルドな仕上がりになります。ダイレクトに豆の特長が出るようです。
それと、微粉がけっこう落ちます。エスプレッソほどではありません。私には許容範囲。

意外や後片付けは大変でした。
ペーパーならフィルターごと豆をポイッと捨て、ドリッパーを水でちゃちゃっとすすいでオシマイ。
でもこれはドリッパーを逆さにしてトントン叩いたり揺すったりして豆を落とし、それから水で流します。金網は柔らかいので取り扱いにも要注意。それと、金網にけっこう脂が付着しています。水洗いだけにとどめるか洗剤で洗うかは、お好きなように。
2杯、3杯と淹れるんだったら、結局サーバーもいりますね。
なかなかどうして、うまいようにいきません。
[PR]

by tama_photo1 | 2016-02-21 15:28 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://tamafoto1.exblog.jp/tb/24157307
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by YDの寅次郎 at 2016-02-21 18:42 x
こんにちはtamaさん
ネコマタギ的レポートありがとうございました役に立ちます
ちなみにビーカーにピストンの様な器具でカッコを付けましたが味がネコマタギでした
 そこで昨日北九州市立児童文化科学館での冬の星座とロマンチックCDプラネタリュウムの
催しの帰り合馬たけのこに寄りましたら2月19日から5月16日までAM10時半から売り切れまで
無休での営業がスタートしておりました焼きたけのこが付いて2700円一緒に食べにいきません
Commented by tama_photo1 at 2016-02-21 22:09
寅 様
それは「フレンチプレス」という手法でしょう。紅茶が一般的ですが、コーヒーにも応用できるみたいです。見た目がオシャレだと思います。味は知りません。
焼きタケノコは食べたことがないですね。
タケノコは馬のスジ肉と一緒に醤油味で煮込んだのが一番好きですが、それよりもうまいならぜひご一緒したいです。3千円以下なら行きますよ。


<< 計画倒れ      ぬくぬく >>