2016年 06月 02日

休みだ 晴れだ ツーリングだ

地震で5月は働きすぎたため、6月の休みがドドッと増えてしまいました。なんと30日のうち、18日はお休み。
ありがたいような、さびしいような。
きょうはその1日目の休みでした。
出遅れましたが、昼ごろクロスカブで星野村へ向けて出発しました。
退屈極まりない国道3号を北上。
e0346254_23395099.jpg

県境の手前から右折して黒木町~上陽経由で星野村へ。
ことしは黒木の大藤まつり、行かなかったなぁ。地震のせいだ。


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ



星野川沿いを遡上します。水害の爪あとはずいぶん修復が進みました。迂回路もありませんでした。
県道52号は部分的に拡幅工事が進んでいますが、こんな狭い道が「星野村へ来た」という実感がして好きです。
e0346254_23445726.jpg

連絡橋のかかる星野中学校です。いっぺん渡ってみたい。
e0346254_23454256.jpg

いつもはお茶の文化館や天文台へ寄るのですが、今日はスルーしてその先の古陶星野焼展示館へ行きます。
星をイメージした屋根と、窯の煙突をモチーフにした外観が目立ちます。
e0346254_23473932.jpg

ここは数年前にヨメと一緒に来ました。
その日はあいにく雨で気分も沈んでいたのですが、中に入るとこの巨大な水盤に・・・
e0346254_23491631.jpg

天井に開いた煙突の穴から雨がぽつーん、ぽつーんと落ちてくるんです。
波紋がつつーっとゆっくり広がるのを、しばし時を忘れて見入ってしまいました。
e0346254_23522118.jpg

今日は天気がよかったので、雲が見えました。
e0346254_2353932.jpg


e0346254_0103632.jpg

入館料は200円なんですが、JAFカード提示で160円に。
見学者は私だけ。

だからというわけではないと思いますが、おいしいお茶を出していただきました。
う~む、入館料はほぼタダみたいなものだな。

「古陶星野焼」というように、星野焼は古くからあったそうですが、明治時代にいったん途絶え、昭和になって再興されたそうです。

その再興に関わった3人の陶工の作品展が開かれていました。
古陶は色も形も地味で質実剛健といった面持ちですね。
昭和の陶工たちは三者三様。
古陶と現代的な星野焼を見比べるのも面白いと思います。


さて、帰りは鯛尾金山と菊池経由です。
県道57号を走っていくとだんだん人家が少なくなるものの、新しいレストランやカフェができていました。
時間があるときに寄ってみます。
棚田では田植えの真っ最中。のどかな風景です。
e0346254_0174729.jpg

あとちょっとで矢部村の中心地というところで、へんてこりんな建物を見つけました。
星野焼展示館の煙突のイメージが重なって、窯元かと思いました。
e0346254_0183580.jpg

写真を撮っていたら、近所のおじさん&おばさん(夫婦)が声をかけてきました。
これは神窟(かみのいわや)地区集会所 兼 八女津媛浮立館(やめつひめふりゅうかん)だそうな。
浮立館は資料館らしく「開けようか?」とおっしゃいましたが、これ以上遅くなるとヤバいので、丁重にお断りしました。
しかし、この地域のおごそかな名前といい、八女という地名発祥の地であるとか、パワースポット的な場所ではありますね。
また改めて訪れたい気持ちになりました。

さて、山中を快走してあっけなく鯛尾金山に出ました。こんなに近かったかなと思うほどです。
e0346254_029567.jpg

ここで、赤いクロスカブに乗ったBaconプーさんに遭遇しました。

玖珠方面を走ってきたという話でしたが、まさか金太郎さんでお食事だったとは・・・。
まさに、類は友を呼ぶ、ですね。
あっ、写真撮ればよかった。なんで撮らなかったんだろ。浮き足立っていたのかな?

狭くてカーブのきつい県道を龍門ダムへ。
e0346254_0385941.jpg

セルフで自撮りしてみました。ヘルメットがデカいぞー!\(-。。-#アタマモデカイゾー
今日のお供はオリンパスペンE-P3です。
e0346254_0394387.jpg

本日の走行168キロ。燃費は62.9km/Lでした。
[PR]

by tama_photo1 | 2016-06-02 00:01 | ツーリング | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://tamafoto1.exblog.jp/tb/24426695
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 浜のおじさんSu-吉 at 2016-06-02 07:23 x
突然お邪魔して、申し訳ありません。
金太郎の誠っちゃんつながりで、何時も楽しくブログを拝見致しております。
以前、鯛尾金山でGSのBaconプーさんにお会いしました。
どこかで皆さんつながっていますねえ。
Commented by tama_photo1 at 2016-06-02 08:50
浜のおじさんSu-吉さん
お名前だけは存じ上げています。このブログにお越しいただき、光栄です。
Baconプーさんのお名前は初耳でしたので、金太郎食堂のおなじみさんとは思いませんでした。「いつもここ(鯛生金山)に寄る」とおっしゃっていたので、会いたくなったら鯛生金山へ行きましょう。(^^
Commented by idachan at 2016-06-02 12:26 x
ますますクロスカブが欲しくなったです、けど懐具合を考えて娘のボルティーを生き返らせる方が安上がりかな?

ブログ(ネタは結構あるとは思ってますが・・・?)と片づけはやりたいとは思ったりしますが、酒とバイク以外は続かない性分を知り尽くしているので、のぞき見とコメントだけでーす。
Commented by tama_photo1 at 2016-06-02 13:28
idachanさん
ボルティで十分いいと思います。トラやグッツィに乗ってきたidachanさんには、きっとクロスカブは非力に感じるでしょう。とくに坂道ではイラつくと思いますよ。
クロスカブに乗っていると、あと少しのパワーが欲しくなる、そんなことが何度もあります。
酒とバイクだけのブログ、おおいに賛成します。
Commented by YDの寅次郎 at 2016-06-02 15:25 x
こんにちはtamaさん
梅雨入り前にロングバケーションを楽しんで下さいボクはあの世の迎えを心配して青森の恐山にお参りしました。
ソロがアウトロー的で良いといじけておりますが、出先でバッタリ会うと神様を信じてしまいます。
星のお茶の文化館での玉露は目から鱗が落ちましたtamaさんも以前経験したのでは?
Commented by tama_photo1 at 2016-06-02 16:23
寅次郎さんは神出鬼没ですね。青森、岩手、宮城、福島にはまだ行ったことがないなぁ。
星野の玉露はみんな驚きますね。もちろん私も右に同じで、玉露と専用のすすり茶碗と湯冷まし用の器まで買って帰りました。しかし、不思議なことに家で淹れてもお茶の文化館のようにおいしくできません。
だから何度も足を運ぶんですけどね。
Commented by YDの寅次郎 at 2016-06-02 20:57 x
同じ感動をtamaさんもなさっていて嬉しい
そして同じように玉露セットを購入して
ただ違っていたのは二種類のお茶をカウンターで売っていた
渋めの黒色系の袋に入っていた茶葉が飲んだ物である事で再現しました
さすがに入れるのに手間が掛り半年後にはタダの煎茶になりました。
Commented by kiyomako at 2016-06-02 21:17 x
Baconプーさんとお会いしたのですね!
赤と黄色のクロスカブが揃ったのに、写真残念ですね
18日も休みがあれば、どこか遠くにキャンツーできるでしょうが、そんな訳にもいきませんか・・・
Commented by tama_photo1 at 2016-06-02 22:41
寅次郎さん
たしか前に買った茶葉があるはずと台所を捜索したら、冷蔵庫に6年前の玉露が見つかりました。
ダメモトで淹れてみたら、これがおいしいこと。密閉されて、しかも低温貯蔵だったのがよかったようです。
「開封後はお早めに・・・」の注意書がありました。
Commented by tama_photo1 at 2016-06-02 22:42
kiyomakoさんのブログは欠かさず見ていますが、BACONプーさんという名前は見たことがないような気がします。見落としているのかな?
11日から14日まで、最長4連休ですが、もう梅雨だろうし、好天が続くとは思えませんね。雨はもうけっこうです。


<< 星野の玉露      乗ったら掃除 >>