幸せの黄色いクロスカブ

tamafoto1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 02日

星野の玉露

クロスカブで星野村に行ったはいいけれど、お土産をまったく買っていませんでした。(^^;
福岡県八女市星野村はお茶の栽培が盛んなところ。中でも玉露の品質は常に全国でトップクラスです。
たしか前に買った玉露があったはず。
・・・と台所を漁ってみたら、冷蔵庫の中にありました。
なになに、賞味期限が2010年10月31日ですと?
う~む、買ったのは2010年か2009年の春だな。
賞味期限はとっくに切れていますが、開封していないから大丈夫でしょう。たぶん。
e0346254_22591323.jpg


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ



星野村には茶の文化館という施設があります。
まぁ、物産館みたいなものですが、なんと500円の入館料がいります。
一番最初に行ったときは、この500円がネックになって入りませんでした。どんだけボンビーなんやねん?
2回目に思い切って入館したのですが、入るともれなく玉露(もしくは抹茶)と和菓子をいただくことができます。
で、この玉露がね、とんでもない味がするんです。
ほとんどの人は、生まれて初めての体験をすると思いますよ。
お茶ってこんなにおいしいんだと、まさに目からウロコが落ちます。
そして2煎目を飲んだ後で、三杯酢をかけて茶葉を食べます。
これが2度目の衝撃的体験。
苦味はほとんどなく、ちょうどワカメみたいな食感です。

一発でノックアウトされた私は、帰りに玉露と専用の茶器まで買いました。
もう何年も前の話です。
e0346254_2393717.jpg

さっそく淹れてみましょう。
なになに、玉露は湯温が30℃だって? ほとんど水ですね。
e0346254_23105225.jpg

専用の器で冷ましたお湯を注ぎ・・・
e0346254_23135573.jpg

フタをして待つこと2分30秒。
e0346254_23385159.jpg

おもむろにフタをずらしてすするのが星野式。
e0346254_23161426.jpg

カーッ、うまい!!!
久しぶりのこの味。
日本人に生まれてよかった、と思う一瞬です。
とても6年前のお茶とは思えないおいしさでした。
2煎目はちょっと熱めのお湯で出して、締めは三杯酢。
三杯酢はないので、ポン酢をかけて食べました。
e0346254_23183831.jpg

この玉露は40グラムで3~3.5野口だったかと思います。
安くはないけど他のものに代え難い、まさにオンリーワンの逸品。
e0346254_23232453.jpg

これでぞっこん、星野村のファンになっちまったんです。

訂正

星野村の茶の文化館で提供される玉露ですが、最後に茶葉をいただくときの調味料は「酢醤油」でした。
過去の別のブログを読み返していたら、4回もお湯を注いでいます(4煎)。だんだん熱くして最後は80度のお湯でした。
安くない玉露ですから、それくらい楽しまないともったいないですよね。
[PR]

by tama_photo1 | 2016-06-02 23:41 | その他 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://tamafoto1.exblog.jp/tb/24429191
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by YDの寅次郎 at 2016-06-03 14:00 x
こんにちはtamaさん
ポンズを垂らしていると言う事は再現できたようですね
それにしても、お高いしずく茶を忘れるその太っ腹
白壁の町、吉井町が好きなので足を延ばしたくなりました
九州北部大水害で道が寸断して久しいので今度チャレンジ
いや今が夏も近ずく八十八夜ですので吉井町で饅頭を買って星の村へ行きます。
Commented by tama_photo1 at 2016-06-03 19:02
寅次郎さん
ポン酢と三杯酢は味が違いますね。ここで「三杯酢」とネットでググったらつまらないので、間違いを承知で言うと、三杯酢には砂糖が入っているのではないでしょうか。ポン酢にはそれがないから、やや淡白な感じがしました。
三杯酢といえば幼き頃、そうめんを三杯酢で食べていました。たぶんうちだけだと思います。そのころ家は精米所をやっていて、副業にそうめんを作っていました。そうめんは早々とやめたのですが、後年、父(故人)が「精米をやめてそうめんを続ければよかった」と言っていたのを思い出しました。先見の明がまったくなかった父でした。
Commented by テンジン at 2016-06-03 21:04 x
私はお茶好きです それも「大」が付くくらい
そのかわりコーヒーはあまり飲みません
オフ会でも紅茶を頼むくらいですから
お茶も緑茶であれば何でもいいんです
普段事務所では300gで473円の粉茶を茶葉にまぶしたものを一番急須だけ美味しく飲んでいますよ
口が肥えていないんですね
Commented by テンジン at 2016-06-03 21:16 x
tamaさん
ウチの父も金儲けに対し先見の明が全くありません
私は父そっくり瓜二つだと言われています
昨年亡くなった母は商才があったなぁ
趣味でガラスにエポキシで絵を描いていましたが、それを流行っていた複数のラブホテル内装に売り込んだり七宝風に仕上げたアクセサリーを造ったりして蓄財していたんですよ
Commented by tama_photo at 2016-06-03 21:44
テンジンさん
私は波というか、ムラがあります。お茶に凝って毎日水出し茶を作ったかと思うと、パタッとやめてコーヒーに凝ったり、紅茶に凝ったり。熱しやすく冷めやすい性格です。
お茶は新鮮な茶葉を多めに入れてお湯の温度をきちんと守れば、値段に関係なくおいしくいただけるような気がします。
うちは金儲けや蓄財に縁のない、それどころか損をする家系です。策を講ぜず、動かないのが一番かと思っています。
Commented by YDの寅次郎 at 2016-06-09 09:50 x
tamaさん変です
昨日しずく茶が飲みたくなったので県道52号線を使って茶の文化館へ行きました
目から鱗が落ちません求める甘さは有るものの茎茶のような酸渋がより強く感じられ事と酢醤油が待てど来ませんでした以上の事から酢醤油で食べる味に達して無いと思われます
帰りに吉井町あけぼの本舗で富有柿太郎なる柿羊羹を求め戴き正解でした
Commented by tama_photo at 2016-06-09 14:15
それは気になりますね、寅次郎さん。
なにかクレームでもついたのでしょうか。それとも今年の出来が悪かったとか。
何年前だったか、新茶の玉露を買おうとしても時期的になくて(早すぎた)、店の人は去年のでも変わらないくらいおいしいようなことを言ってました。
寅次郎さんのように味覚が敏感だと、かえって不幸になることがありますね。


<< 乗らなくても掃除      休みだ 晴れだ ツーリングだ >>