幸せの黄色いクロスカブ

tamafoto1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 20日

想定内

アゴスティーニ・チタンマフラーの請求が届いた。
といっても郵便じゃなくて電子メールだが、それによると請求金額は122,372円。
あっ、そう。と何の疑問もなくメールを読んだが、待てよ。
1ドル何円に当たるのか計算してみよう。
マフラーが999.99ドルで送料90ドル。計1089.99ドル。
122,372円÷1089.99ドル=112.27円
1ドル112円のレートってことか。

e0346254_0194718.jpg

で、いま現在の為替レートはというと、1ドル104.09円。
手数料を考えなければ、いまなら113,457円で買える。その差8,915円。
一時期と比べれば、けっこう円高が進んだときにオーダーした。
ポチッとしたら、とたんに円がぐんぐん値上がりした。
ツキに見放された不運な自分だから、こうなることは予想していた。
予想が的中したのだ。
なーに、想定の範囲内さ。

英国がEUを離脱すればさらに円高が進むとテレビは言っているが、そうじゃない。
私が輸入品をポチッとしたときに円高が進むのだ。
ちっくしょー!

にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
にほんブログ村
[PR]

by tama_photo1 | 2016-06-20 00:21 | モトグッツィ | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://tamafoto1.exblog.jp/tb/24470259
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 雨ガエル1号 at 2016-06-20 13:59 x
やはり大型バイクのマフラーは良いお値段しますね~。
カブなら、この価格でボア・アップと吸排気のチューンが仕上がります。
Commented by tama_photo1 at 2016-06-20 16:26
雨ガエル1号さん
前々からつけたかったマフラーです。2年辛抱したから許してちょ。
Commented by テンジン at 2016-06-23 11:42 x
カブ相方のフルセット9万円はともかく私のプロカブと110エンジンもほぼ買えちゃうくらいのマフラー価格
すごいですねぇ
運賃込みでマフラーに三千円台の支払いしかしていない私には目が点です
そうそう相方のエンジンはさすがにそのまま使うにはチョットという状態でした
腰上をバラしたらテンショナーのローラーと調整棒先端のゴムは影も形もなく、ピストンにバルブの当たり跡がありました
たぶんカムチェーンが1~2段ずれて動かなくなったのでしょう
走行距離が3万㎞台だったMD(郵便カブ)なのでこれが壊れて腰下状態の良いエンジンを手に入れることが出来ました
減った部品とピストンリング・パッキン類などを買っても1万円でおつりが来ました
さぁ私が入院再手術する前にいい感じで組めますでしょうか
Commented by tama_photo1 at 2016-06-23 12:02
えっ、テンジンさんまた手術ですか? それはお大事に。
う~む、人間もマフラーの調子が悪いといけませんね。アタシのマフラーも爆発しないように、健康管理に気をつけます。
Commented by テンジン at 2016-06-26 19:57 x
この週末しか空けにくかったのでカブ相方のエンジン組みと載せ替えを一気にやりましたが・・・
何でこんなことするかなぁホンダ君
ワイヤーハーネスを全て繋いだあとプラグにコードを差し込もうとしたら届かない
50と110はシリンダ寸法がちょっと違うのを各々違う長さのプラグコードがついたコイルを用意してあるんです
長さの差は約1センチ
日本でしか売れない50に十分流用可能な長さです
行きつけのウィング店に行って日曜に入ることを確認して注文しました

試乗しましたがノーマルドリブンギアが40枚以上あるので加速がショボかった
あとは問題ないので相方に私と同じ30Tのドリブンギアを手配するように頼んで作業終了となりました

Commented by tama_photo1 at 2016-06-26 22:26
テンジンさん
短くていいほうに長いコードを使うと、何らかの不具合が生じるのでしょうね。何の理由もなく2種類のプラグコードを使い分けることはないと思いますよ。
汎用品のコードを切って使うわけにはいかなかったのですか。
Commented by テンジン at 2016-06-27 03:43 x
残念ながらコイルとプラグコードが一体になっているので短くすることしかできません
ちなみに試乗はコイルの仮取り付けを工夫して行いました
ワイヤーハーネスを弄っていたときに確認できたのですがメーター下のハーネス長さ余裕がありません
これではハンドルをフルに左に切ることを繰り返すと内部の線が断線するんじゃないかしら
エンジンをバラしてわかったけどカムのベアリングが国外製(中国製か)だし、ネジ類もトルク管理されずに締めてあるのでハンマードライバーを使わないと外れません
中国組み立てをやめて熊本工場組み立てに切り替える(地震で遅れていますが)のは正解と感じました
Commented by tama_photo1 at 2016-06-27 17:51
テンジンさん
もしかしたらエンジンの載せ替えを防ぐための対策かもしれませんね。(笑)
ネジ締め過ぎはクロスカブをいじっていて実感しました。部材が壊れそうなくらいに締めてありました。チェーンやスプロケットなど、交換時期が来たら日本製にしようと思っています。


<< 待遇      ちょっとカスタム >>