幸せの黄色いクロスカブ

tamafoto1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 07日

トラのラスツー その3(完結編)

突然の雨に遭遇した私たちは、最寄りの歩道橋の下で何人かのサイクリスト(自転車)とともに雨宿りしました。
ほどなくして小降りに。これは夕立ですね。
青空が見えてきたので再出発。400Xは雨具持参だったので、彼だけカッパを着て出ました。雨雲レーダーの画像を確認しながら南下。大宰府ICから高速に乗ります。
高速で雨に遭遇したら、それこそ逃げ場はありません。雨が心配されるときに高速を使うのは、イチかバチかです。
広川IC・SAを過ぎたあたりでまたポツポツ降ってきましたが、それほどひどくはなりませんでした。
日頃の行いがいいからかなぁ。( ̄∀ ̄;)
しかし、バイクの後席って、ちっとやそっと降っても濡れませんね。
熊本県に入るころには、あたりはすっかり暗くなりました。日もずいぶん短くなったものです。
無事、自宅まで送り届けてもらいました。400Xには何度もこうやって助けられています。それも今回はヤケドまでさせてしまいました。
いつもすまねぇなぁ・・・と、コントの志村けんにでもなった気分です。

翌朝、バスで実家へ向かいました。実家にクロスカブを置きっぱなしにしているので、それも引き取らないといけないのです。
ヘルメットとグローブとジャケットを抱えた姿は、バスの中ではやっぱり少し浮いた感じがします。
乗客がいないからなんともないけどね。(・∀・)
e0346254_0333671.jpg

自宅近くから実家近くまで、バスで440円もかかります。
いの一番に納屋の柱にかかったトラのクラッチワイヤーをカブに積みました。
ついでにトラのエアクリーナー、タンデムステップなども持ち帰ることにしました。
さて、インカムのブルートゥースで音楽でも聴きながら帰ろうとしたら、インカムがないっ!
どこで落としたんでしょう。家を出るときは確実についていたのに。昨晩から充電して、充電完了の青いランプを確認したばっかりです。
となると、バスの中?
座席横の物を置くスペースにヘルメットを転がしていました。ヘルメットがごろごろ動いたときに外れた可能性は十分考えられます。
もしかしてこれもトラの怨念?
しかし、探すのはもう明日にしましょう。それよりもトラを生還させるのが先です。


にほんブログ村



一旦自宅へ戻り、今度はヘルメットとシートバッグを抱えて10時28分発の新幹線さくらに飛び乗りました。
e0346254_0404537.jpg

博多まで新幹線。博多から吉塚は快速電車です。片道4,960円。
熊本~博多間は37分しかかかりません。途中で止まる駅も久留米と新鳥栖の2つだけ。
e0346254_0592935.jpg

吉塚への快速が来るまで少し時間がありましたが、それでも11時27分には吉塚駅に到着。見事に1時間を切って、0時間59分で着きました。
細い路地を抜けて駐輪場へと急ぎます。きょうも午後からの降水確率が高いのでね。
クラッチワイヤーの交換は少しコツがいりましたが、なんとかできました。
タイラップを忘れたので、プラグコードを外から回してクラッチワイヤーが車体からはみ出さないようにしました。
e0346254_2352487.jpg

駐輪料金200円を払ってロックワイヤーを外し、エンジン始動。
一発でかかりました。
駐輪場はガード下で少し暗かったので、試しにヘッドライトをつけてみました。先日、替えたばかりのスナップスイッチの使い初めです。
プスッ
いきなりエンジン停止。もしかしたらぁ・・・
e0346254_0332614.jpg
案のじょうヒューズが飛んでいました。ヘッドライトのハウジング内で、どこかがショートしたに違いありません。
トラくんはいったいどこまで手を焼かせるつもりでしょう。
とにかく早く帰りたいので、やってはいけないことですが、ヒューズの金具を直結して出発することにしました。
情けないけど、ラストツー2日目のスタートです。3日目が来ませんように。†(-人-;)悪霊退散
イエローハットで25アンペアのヒューズを買って取り付けます。いまどきガラス管のヒューズなんて使うバイクはほとんどないでしょうに、ありがたいことに在庫してあります。2本で108円。
ヘッドライトハウジングの中も一応点検しましたが、ショートした場所は分かりませんでした。
スイッチやH4球の端子を曲げて当たらないようにしたけど、ヘッドライトはもうつけませんでした。
下道を走る限りトンネルはないし、君子危うきになんとやらです。
腹が減りました。
e0346254_050408.jpg

有名なマル星ラーメンで昼食に。安くていいなぁ。ラーメン400円に替え玉1つで500円。
e0346254_0522363.jpg

平日なのに賑わっていました。土日祝日は行列必至だそうです。
中で働く店員はみんなばあさんばかり(失礼)。
食券を買ってテーブルの上に置いておくと、そのばあさんが見回ってきて「ラーメン7つ、替え麺5つ」とかなんとか厨房に言っています。しばらくするとラーメンをたくさん抱えた別のばあさんが周回しながらラーメンを置いて食券を回収していきます。
e0346254_053229.jpg

じつにアバウトなやり方に見えましたが、じつは麺のゆで方に「硬麺」というのがあって、そういう注文もきちんと聞き分けているようです。案外巧妙で、じつは名人芸なのかもしれません。
ごちそうさまでした。
e0346254_0534638.jpg

しかし、下道の博多~熊本は遠いなぁ。
ラーメンを食べてトラヴィスサイクルズに着くまで、裕に1時間以上かかりました。
途中で細かい雨がパラパラ降りましたが、大したことはありませんでした。やっぱり私は雨男ではないのです。
ようやくというか、ついにというか、トライアンフボンネヴィルT120Rは私の手を離れました。
e0346254_0543614.jpg

5年9ヵ月で走った距離は29,706キロ。
つらい思い出のほうが多いなぁ。
ツーの最後は笑って記念撮影。(道の駅立花で)
e0346254_133678.jpg


これはオーバーホール前の写真です。
e0346254_005931.jpg

作業の1日目でここまで分解。これから完成まで、7ヵ月の長い道のりでした。
e0346254_0294567.jpg

見た目はかなりヤレていましたが、エンジンは一度手が入っていたので内部はきれいでした。ピストンヘッドは剥離材でカーボンを落としたところです。
e0346254_054826.jpg


いまは ここ にありますので、もし興味のある方は覗いてみてください。
ちなみに価格は当初の約半額です。整備すればまた別途費用がかかりますが、さしあたってタイヤ交換だけで乗れるでしょう。車検は1年以上残っています。
これはオーバーホール直後の写真。さらば、トラ。
e0346254_0304029.jpg

[PR]

by tama_photo1 | 2016-10-07 00:37 | トライアンフ | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://tamafoto1.exblog.jp/tb/24698504
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ツーチー at 2016-10-07 06:44 x
お疲れさまでした ^^
トラでのラストツーはなかなか大変だったようですね。
それでも最後の記念撮影。いい顔をされてますよ ^^
まあ.. ご自分で手塩にかけたオートバイを手放す時って、
いろんな思いが交錯するものなのでしょうね~
Commented by tama_photo at 2016-10-07 10:17
ツーチーさんのように爽やかに笑った笑顔を撮ろうと、自分なりに工夫して撮ったのでした。
新しい次のオーナーにかわいがってもらえますように・・・。
Commented by YDの寅次郎 at 2016-10-07 10:44 x
こんにちは煩悩が一つ無くなり記念写真に良い顔でいると思いました
寅ちゃんラストツーリングが小旅行になり!楽しんではいないですか取りあえず良い顔です追)ウチもトライアル車が3台ありなんとせなイカンバイと煩悩を抱えております。
Commented by tama_photo at 2016-10-07 11:18
寅次郎さん
オフ車なら1台欲しいところですが、トライアルはガソリンタンクは小さいし、元から座るためのシートじゃないし、われわれ庶民にはどうにもならないバイクですね。
なに! これからトライアルを始めろと?
残り少ない寿命が縮むのは間違いないです。( ̄∀ ̄;)
Commented by kiyomako at 2016-10-07 23:44 x
最後の最後に思いで深いツーリングになりましたね
ってか、もう手元も離れてるんですね
すぐに買い手が付きそうですけど~
Commented by テンジン at 2016-10-08 08:53 x
トラとの生活ご苦労様でした
関東では外車の中でトラを愛する人は多かったのですよ
今年の3月31日に閉鎖された船橋オートの全盛期にトラのエンジンを使った競争車が爆音を立てて走る様に憧れた人が多いのでしょう
その競争車ホウジョウ号で無敵を誇った飯塚将光選手も天国に召され、一緒に組んでいたエンジンチューナーの原さんもそば屋をやっている娘さんのところで車椅子に乗って遠い目をしている老人になっています
Commented by tama_photo1 at 2016-10-08 10:41
kiyomakoさん
10代のころリアルタイムであこがれたのがこのトライアンフでした。夢中になってオーバーホールし、オーナーになりましたけど、いろんな旧車を見ていると、さらに古い別体ミッションやスプラングハブ、ガーダーフォークのトラに興味が行きますね。
旧車は新しいほど安い理由が分かりましたが、たぶんもう手を出すことはないと思います。
Commented by tama_photo1 at 2016-10-08 10:54
テンジンさん
オートレースをやってた(観客として)人はエンジンを見て分かるようです。一度、福岡の山の中で声をかけられました。飯塚オートによく行ってたおじさんでした。
私は実車を見たこともないまま40年、雑誌の写真であこがれ続けて手に入れました。


<< 別れの後のグッチツー      トラのラスツー その2 >>