幸せの黄色いクロスカブ

tamafoto1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 20日

V7ハンドル交換 やったるわい②

ハンドル交換の2日目は、セパハンの取り外し。これが憂鬱だ。
これまでにやったことのない作業だから、頭の中では理解しているつもりだけど、実際やってみないと分からない部分が多い。
作業は予想どおりに予定外のことから始まった。
ん? 大工仕事?
e0346254_02422265.jpg




V7はセンタースタンドがないので、セパハンを外すには前輪を上げてフロントフォークを抜かないといけない。
そのために板切れを建具屋Sくんからもらっていたのだった。
V7のオイルパンにこの板を当ててジャッキアップする手はずだった。大まかな寸法まで測って万全のはずだった。
ところが、実際に上げてみると全然安定しないじゃないか。指で触っただけで倒れそうになる。
オイルパンは幅が20センチくらいしかない。よく考えれば狭い。狭すぎる。
こりゃいかんと板をオイルパン後方のエキパイに当てた。左右のエキパイはけっこう幅があるから安定度は高い。
すると左右のブレはなくなったが、上がったのは後輪だった。( ̄▽ ̄;)!!

こうなったら左右別々にジャッキを当てるしかない。そこで1枚目の写真のように、板を2つに切ったのだ。
油圧ジャッキとパンタグラフ式、2台のジャッキを使い、板をエキパイ前部に当てて左右交互に少しずつジャッキアップ。
こわごわの作業だったが、なんとか前輪が上がってきた。
e0346254_03444619.jpg
フロントフォークを緩める前に、まずビキニカウルを外す。外さないと六角レンチが使えない。
こうして見ると、ネイキッドスタイルもいいものだなぁ。
e0346254_02520428.jpg
続いてメーターも外す。これも外さないとレンチが入らないのだ。
e0346254_02535056.jpg
フォークチューブのトップキャップはモンキーレンチで簡単に緩んだ。
e0346254_02564104.jpg
ただし、全部緩めたときに中からワッシャーがぴょんと飛び出てくるからご用心。
e0346254_02562733.jpg
トリプルツリーの上(トップブリッジ)と下(アンダーブラケット)を六角レンチのデカいやつで緩める。
e0346254_02590539.jpg
とくに下はかなりのトルクで締めてあって、少々手こずった。
e0346254_03002213.jpg
セパハンを握ってぐりぐり回しながら左右均等にフォークを押し下げる。
前輪が接地したらジャッキでまた前輪を少し浮かし、フォークを押し下げる。この作業の繰り返しだ。
前輪を大きく持ち上げて一気にフォークチューブを下げることもできるのだろうが、素人作業なのでゆっくり慎重にやった。
トップブリッジからアウターチューブが抜けた。
ここからさらに下げて、セパハンが外れるスペースを稼ぐ。
e0346254_03050918.jpg
ここまで下げれば大丈夫だろう。
e0346254_03071180.jpg
セパハンのネジを緩めてフロントフォークから抜き取る。
e0346254_03083787.jpg
3年ぶりにセパハンの呪縛から解放された。
e0346254_03093346.jpg
あとは逆の作業で、フォークを元に戻せばいいのだが、そう簡単ではなかった。
まず油圧ジャッキが使いづらい。
上げるのはゆっくりできるが、下がるときは一気に下がるのが油圧ジャッキ。
バルブをできる限りゆっくり緩める。その勘が難しい。手加減を誤るといきなりストンと落ちて心臓に悪い。
微妙な調整が必要なこの作業には、パンタグラフ式がいいと思う。
e0346254_03111675.jpg
それと、調子に乗って下げていたら、フォークのインナーチューブだけが伸びていてあわてた。
e0346254_03151317.jpg
アウターチューブを両手で持ち、グリグリさせながら上へ上へとずらしていく。
けっこうな力技。
アウターチューブの上端がトップブリッジの面とツライチになったら仮締めする。
いわゆる「突き出し量」はゼロである。
e0346254_03183922.jpg
このままではトップキャップが締まらないので、またジャッキアップする。
するとインナーチューブが下がってくるので、ある程度のところで上から押さえながらトップキャップを締め込む。
e0346254_03172715.jpg
トリプルツリーの上下をしっかり締め、締め忘れのネジがないか入念に確認する。
e0346254_03250678.jpg
メーターとカウルを元のように取り付けて作業は完了だ。
e0346254_03262574.jpg
さっそく港まで試走してみた。
e0346254_03292225.jpg
いやぁビックリした。
これはもう全然違う。まるで別のバイクに乗っているようだった。
乗車姿勢が楽チンそのもので、これなら1日500キロでも600キロでも心配ないぞ。
e0346254_03311309.jpg
ライダー目線からはこう見える。スピードメーターもタコメーターもバッチリ。
カーナビは近日中にスマホへ変更予定だ。スマホホルダーは注文して1ヵ月になるのにまだ届かない。
e0346254_03280899.jpg
しかし気になったことがないでもない。
上半身の押さえが弱くなったからか、ヘッド周りが重く感じた。体がバイクに引っ張られていくような感じを持った。
きょうはほとんど直線だったけど、コーナーの多い道はどうなんだろう。セパハンのときような一体感はかなり希薄になったんじゃないだろうか。
e0346254_03370087.jpg
それにしてもハンドルひとつ。わずか数センチのポジションの変更で、こんなにもフィーリングが変わるとは・・・。
作業に要した時間は1時間半ほどだった。
ツーリングが楽しみだな。予定はないけど。(^^;
e0346254_03375914.jpg




[PR]

by tama_photo1 | 2017-06-20 03:53 | モトグッツィ | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://tamafoto1.exblog.jp/tb/25859346
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by idachan at 2017-06-20 12:59 x
長距離用に無事に変身されたようで、おめでとうございます。
写真で見る限り数センチ以上アップみたいですが、あとはステ
ップですかねー?(GSXへの乗り換えはしばらく先ですか?)

Vストロームが気になったんで試乗しようかと思ってオートポ
リスに出かけましたが、年金生活者はTDMで辛抱しましょう。

それにしてもtamaさんの器用さには、脱帽です。

老眼がきつくなって、DIYと読書等がますます面倒になってき
ました。
Commented by tama_photo1 at 2017-06-20 13:46
idachanさん
構想1年、作業2日。( ̄∀ ̄;)
マルチエンジンには行かないと思います。GSX、Ninja1000、S1000XRなどが次々に候補から消えていきます。大串さんもVストロームに乗ったけど心は動かなかったようで、やっぱりモトグッツィの魅力から離れられない気がしますね。
idachanさんはそこまでグッツィに未練はないのですか?
Commented by YDの寅次郎 at 2017-06-20 16:10 x
こんにちは雨がふり庭木も喜んでおります
せっかくハンドルを替えてもこの天気だとそう簡単にでられませんね
金曜日裏山を越え(京都峠標高600m)胡瓜に付けると美味しい柚子味噌を買いにメグロで行きましたが青息吐息のエンジンにムリはできないと思ったのに相談で翌土曜日メグロ師匠のガレージでメグロZ7の音を聞くと乗らないと決めたのは誰でしょう日曜日ボクはメグロにまたがり平地を走るコースに出ていました「ツーリングが楽しみ、乗らないけど」気持ちは分ります。
Commented by idachan at 2017-06-20 16:28 x
大串さんもVストローム試乗したんですね、熊谷さんも乗ったみ
たいですよ、知人のSV650に乗りましたがスムーズ過ぎて興味は
湧きませんでしたし、再生した甥っ子のゼファーもそんなもんか
って感じですね。

グッチは私が試乗して気に入り新車で買った最初で最後のバイク
ですので手放す気はありませんが、乗れなくなる前に身内を育て
ようと画策してるところです。
孫の前でエンジンかけると近寄らないのが悩みの種、ノーマルマ
フラーのボルティーから慣らしてます。




Commented by tama_photo1 at 2017-06-20 16:57
寅次郎さん
午前中に山間部のワインディングを少し走ってきましたよ。帰ってしばらくしたら雨になりました。
やはり思っていたとおりで、コーナリングに関してはセパハンのほうがずっと快適で楽しいです。「人車一体感」に乏しいと思いました。セパハンよりも巡航速度が落ちました。
前にも書いたと思いますが、Z7は父が仕事で使っていました。私がバイクの免許を取ったとき、「メグロなら買ってやる」と言われましたが、ヤマハを「買ってもらい」ました。この年になれば旧車のよさも分かりますが、16~17歳の小僧にメグロは考えられません。
先日、車で宇土へ行ったとき、道の駅で1948年製ハーレーパンヘッドに乗った青年に遭いました。もうずっと48年パンヘッドばかり乗っているそうです。あの年で旧車にハマるとは驚きです。まぁ古いハーレーはカッコいいけど。
Commented by tama_photo1 at 2017-06-20 17:15
idachanさん
やっぱり出来すぎたバイクは面白みに欠けるのですかね。もちろん人それぞれに好みはありますが、私も同じく試乗してグッツィにビビッと来ました。ほどよい大きさと重さ、ほどよいパワー、ほどよい振動、etc。
乗れなくなったらおしまいです。私の周りに将来のバイカーはだれ一人いません。寂しいなぁ。
Commented by しろ at 2017-06-20 22:26 x
こんばんは。
このハンドルは思った以上にレーサーに似合っていますね。
結果的に純正バーハンにせずこちらにされ正解だと思います。当方ワインディングが多い地域なのですが、純正バーハンだと脇が開きすぎて正直辛いです。私はスワローを逆付けにし程よい前傾にしましたが、レーサーだとケーブルの制約があるので選択肢が限られますし難しいですね。
新しいハンドルで長距離ツーリング楽しんでください。
Commented by tama_photo at 2017-06-21 02:06
しろさん
その節はたいへんお世話になりました。m(_ _)m
ワインディングを走りながら、どうして感触が違うのかいろいろと考えました。ひとつに、路面の状況がイマイチ伝わってこないような気がします(たぶん気のせいかも)。セパハンはフォークとダイレクトにつながっており、ハンドルの長さも短いです。一文字はというと、フォークからトップブリッジ、ブリッジからハンドルクランプ、クランプからハンドルバーへと情報が伝達します。その差はわずかでも、コーナリング中のダイレクト感が鈍っていくのではないかと思ったんですね。
どうですか、セパハンつけてみませんか?(^^;
Commented by テンジン at 2017-06-21 09:31 x
サイドスタンドしか無いと整備全般で大変ですね
ジャッキは私もパンタグラフタイプを数台使っています
ハンドル交換は複数台でだいぶやりました
ハンドルグリップゴムを入れるときはエアダスターを使っています
缶に付属の細いパイプを先端に突っ込み、グリップエンドを手で塞ぎながら噴射して突っ込んでいくと簡単に入ります
今度試してくださいね
Commented by tama_photo at 2017-06-21 11:00
テンジンさん
純正のセンタースタンド、オプションであるんです。27野口くらいです。やっぱりあれば便利ですよね。つけようかな。
エアダスターのほうが簡単そうですね。カメラ掃除にも使えるし。
Commented by kiyomako at 2017-06-21 12:23 x
ハンドル変えてもカッコイイ!じゃないですか、決まってますね (^o^)丿
サイドバッグも付いて、これでいつでも旅に出れますね♪
Commented by tama_photo at 2017-06-21 16:57
kiyomakoさん
ハンドル選びはずいぶん悩みました。せっかくだからほんの少しアップタイプにしようかとか、cloverheadさんを真似てスワローにしようかとか、でもブレーキやクラッチが届かなくなったら最悪なのでシンプルなフラット型にして正解でした。
次はロードコメットのカウルかな。
Commented by baconプー at 2017-06-21 17:05 x
こんにちは。なんでもこなしますね、素晴らしいです。
それにしても、フロントホークのトップキャップを撮らないとトップブリッジから抜けないとは、大がかりな作業になりますね。
Commented by tama_photo at 2017-06-21 17:38
baconプーさん
セパハンをディスクグラインダーでぶった切ろうかとも思いましたが、グラインダーを持ってなかったのでやめました。
フォークのトップキャップは大したことないです。それよりもセパハンを外れるような構造にしてほしいですね。取付部分の切れ目が1ヵ所しかないから苦労するわけで、この部分が2つに分かれればなんてことない作業で済むわけです。社外品の、たとえばトマゼリのセパハンなども同じような構造ですね。フォークを抜いて上から差し込むしか方法がありません。2つに分かれるのは強度的に問題があるのでしょうかね。
Commented by しろ at 2017-06-22 20:14 x
セパハン化は是非一度やってみたいですねえ。STONEはステップ位置がかなり前でバックステップ化も必須なので、それを考えると今の私のバイクは一体感皆無かも知れません 笑。足周りもレーサーと比べたらプアな感じが否めませんし。

ラピッドのセッティングですが、先日矢印位置を少し調節してみました(6の5寄り、2の3寄り)。トルクフルでこれはこれで面白いですね。おおらかでアメリカンのような余裕を感じます。80km/hで31 000rpmちょっとなのでクルージング向きなセッティングです。低回転で速度が乗るのでエンブレの効きが少し気になりますが、今後長距離ツーリングをお考えなら、良ければ一度お試しください。
Commented by tama_photo at 2017-06-22 22:43
しろさん
またまた貴重な情報をありがとうございます。m(_ _)m
先月、小規模なグッツィミーティングをしたとき、stoneにトマゼリのセパハンをつけてる人がいました。せっかくセパハンにするのなら、純正よりも調整度の大きい社外品がいいですよ。見た目もゴージャスでした。
燃調はぜひやってみたいと思います。
Commented by しろ at 2017-06-22 23:51 x
トマゼリ、調べて見ましたがこれはV7と相性良さそうですね!見た目も気に入りました。換えるとしたらこちらにするつもりです。情報ありがとうございます。

上は3000rpmちょっとの打ち間違いです、失礼しました(~_~;) ラピッドはチャチな見た目に反してかなり繊細な仕様になっており、6と2の範囲でもつまみが1mmもズレるとかなり乗り味が(排気臭も)変わります。振動で勝手にズレることもあるので気に入るセッティングが出たらつまみを固定するか印を付けることをお勧めします。濃い薄いは完全に好みなので、良いセッティングを探されてくださいね!
Commented by tama_photo at 2017-06-23 04:45
しろさん
絞りと垂れ角が自在に変えられますね。もちろんある程度の制限は受けますが・・・。そのstoneオーナーさんはかなり手前に絞ってハンドル幅が狭くなっていましたよ。Racerより過激なstoneでした。^^;
Commented by YDの寅次郎 at 2017-06-25 18:53 x
こんにちは柚子みそも無くなり耶馬美人のアテを買いに行く為先週からのメグロ乗りでは無く、メグロサンウドがJBLと同じく走る音響装置と思ってしまいました。
凸道のシンバル音はセンタースタンドを対策しても消えませんので残念ながらFR’サスですそれとミッションから出ているスピードワイヤケーブル(以前オイルシール情報戴きました)メガネも使えず今日26ソケットを買いましたがミッション本体に干渉し挿入出来ませんです
晴れの日にソケットを削り再挑戦しようと思いますがボク世代から見ても整備性の悪さにビックリポンですまるで小林麻美が歌う息継ぎがもだえるように聞こえ出すメグロサウンドが無ければこんなにも思い悩まなく済むのに「とほほです」
Commented by tama_photo at 2017-06-25 22:59
寅次郎さん
メグロにぞっこんなんですねー。
これまで10台くらいバイクに乗ってきましたが、エキゾーストサウンドがいいと思ったのはスポスタ、FLHX、トラ、それにずいぶん昔ですがXS650かなぁ。
トライアンフはだれもが音がいいと言いますが、私はそれほどでもなかったんです。吉田美和みたいなもんか。
スポスタはどのマフラーをつけてもいい音がしました。岩崎宏美だな。( ̄∀ ̄;)
V7の音はそれほど好きではありません。宇多田ヒカル。


<< 燃調変えてチョイ乗り      V7ハンドル交換 やったるわい① >>