幸せの黄色いクロスカブ

tamafoto1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 24日

道の駅めぐり 4

きょうはソロで出かけました。
いつも一緒に行く400Xにコツを尋ねたところ、まずは近いところからつぶしていったほうがいいとのこと。
ほほー、近いところはいつでも行けるという安心感があるけどね。
道の駅は、トイレや休憩所は24時間使えますが、売店は営業時間が決まっています。そして道の駅のスタンプは、大半はその売店の中にあります。だから売店の開いていないときはスタンプも押せません。
だいたい午前9時オープンが多いようですね。それと正月しか休まないところもあれば、毎週決まった曜日に休む道の駅もあります。
勇んで出かけたものの、定休日だったりまだ開いてなかったりしたことが何度かあったという400Xの言葉なので、尊重しましょう。
9時半に家を出て、最初の立ち寄り先は道の駅「泗水(しすい)」。
e0346254_10071954.jpg
ここは「孔子公園」という名称で20年以上前にオープンしました。そのイメージが強かったので、着いてみたら「なんだ、孔子公園じゃないか」という印象。ここが道の駅になったことをすっかり忘れていました。
孔子関係の史料館などは別に建っています。興味のある方はどうぞ。




続いて「旭志(きょくし)」。
e0346254_10072814.jpg
旭志から「鯛生金山(たいおきんざん)」を目的地にしたら、途中で見かけた面白い橋。
形も変わっていますが、川に斜めに架かっていました。
e0346254_10224200.jpg
すぐ横に新しい橋ができて、今は使われていないようです。
そばに寄って見ると左右の長さも高さも違うので、なんだか時空が歪んだような錯覚に陥ります。
e0346254_10242220.jpg
中山間地の気持ちいい道を、まさに快走。
後で気づいたのですが、ヨメの実家の近くでした。いつも通る道とは違うルートだったので分かりませんでした。
e0346254_10261434.jpg
「せせらぎ郷かみつえ」では、地元の消防団が道の駅の池を掃除していました。
夏休み中は子ども用のプールにでもなるのかな。
e0346254_10311729.jpg
「鯛生金山」のスタンプは、この建物の奥にありました。
e0346254_10322300.jpg
ここは何度も訪れていますが、中の坑道に入ったことはまだありません。本日も入りません。(^^;

少し引き返して「小国(おぐに)」。
e0346254_10340634.jpg
スタンプは2階に置いてありました。2階ではミニFM局が放送をやってました。
内部は木でトラスが組んであります。
e0346254_10360693.jpg
これで熊本県内の道の駅は残すところ1つになりました。
でもその最後の「あそ望の里くぎの」が、ここからだとあらぬ方向にあってアクセスしづらいんです。
ラストワンの久木野は後回しにして「水辺の郷おおやま」へと向かいます。
「梅栗植えてハワイに行こう」の一村一品運動で有名になった町おこしのパイオニア、大分県の旧大山町です。
e0346254_10463043.jpg
ここの食堂で昼食。
いつか400Xが「唐揚定食はどこで食べても間違いない」と言ったのを思い出し、トリ天定食を注文しました。
e0346254_10470115.jpg
ついてくるソバは冷たいざるソバかと思っていました。失敗。( ̄∀ ̄;)
午後からは「うきは」「原鶴」「くるめ」「おおき」と福岡県内を4駅回りました。
うきはと原鶴は災害ボランティア宿営地になっていて、自衛隊車両やボランティアのテントが駐車場や広場にありました。
原鶴温泉の周辺は流木や土砂が歩道に山積みされ、災害の跡が生々しく残っていましたね。
e0346254_10561434.jpg
おみやげは、うきはで買った桃です。2個で500円。大きいのは1個300円。
e0346254_10574309.jpg
回った10駅のうち、初めて寄ったのが原鶴とおおきです。
本日の走行273キロ、燃費はやや悪で22.0km/L。福岡県内のノロノロ走行が響いたのではないでしょうか。

[PR]

by tama_photo1 | 2017-07-24 11:02 | ツーリング | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tamafoto1.exblog.jp/tb/25934662
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< クラッチワイヤーに注油      順調に(道の駅めぐり 3) >>