カテゴリ:トライアンフ( 15 )


2016年 11月 06日

勝手に改名

10月2日にラストツーをして、最後の最後にクラッチワイヤー切れというトラブルをかましてくれたトライアンフ。
部屋を整理していたら、そのときのJAFの伝票が出てきた。
ふ~ん、オドメーターは22,888キロだったのかー。
だれだ、8は縁起がいいなんて言ったやつは。
e0346254_20112195.jpg



にほんブログ村

つづき
[PR]

by tama_photo1 | 2016-11-06 20:22 | トライアンフ | Trackback | Comments(8)
2016年 10月 07日

トラのラスツー その3(完結編)

突然の雨に遭遇した私たちは、最寄りの歩道橋の下で何人かのサイクリスト(自転車)とともに雨宿りしました。
ほどなくして小降りに。これは夕立ですね。
青空が見えてきたので再出発。400Xは雨具持参だったので、彼だけカッパを着て出ました。雨雲レーダーの画像を確認しながら南下。大宰府ICから高速に乗ります。
高速で雨に遭遇したら、それこそ逃げ場はありません。雨が心配されるときに高速を使うのは、イチかバチかです。
広川IC・SAを過ぎたあたりでまたポツポツ降ってきましたが、それほどひどくはなりませんでした。
日頃の行いがいいからかなぁ。( ̄∀ ̄;)
しかし、バイクの後席って、ちっとやそっと降っても濡れませんね。
熊本県に入るころには、あたりはすっかり暗くなりました。日もずいぶん短くなったものです。
無事、自宅まで送り届けてもらいました。400Xには何度もこうやって助けられています。それも今回はヤケドまでさせてしまいました。
いつもすまねぇなぁ・・・と、コントの志村けんにでもなった気分です。

翌朝、バスで実家へ向かいました。実家にクロスカブを置きっぱなしにしているので、それも引き取らないといけないのです。
ヘルメットとグローブとジャケットを抱えた姿は、バスの中ではやっぱり少し浮いた感じがします。
乗客がいないからなんともないけどね。(・∀・)
e0346254_0333671.jpg

自宅近くから実家近くまで、バスで440円もかかります。
いの一番に納屋の柱にかかったトラのクラッチワイヤーをカブに積みました。
ついでにトラのエアクリーナー、タンデムステップなども持ち帰ることにしました。
さて、インカムのブルートゥースで音楽でも聴きながら帰ろうとしたら、インカムがないっ!
どこで落としたんでしょう。家を出るときは確実についていたのに。昨晩から充電して、充電完了の青いランプを確認したばっかりです。
となると、バスの中?
座席横の物を置くスペースにヘルメットを転がしていました。ヘルメットがごろごろ動いたときに外れた可能性は十分考えられます。
もしかしてこれもトラの怨念?
しかし、探すのはもう明日にしましょう。それよりもトラを生還させるのが先です。


にほんブログ村

つづき
[PR]

by tama_photo1 | 2016-10-07 00:37 | トライアンフ | Trackback | Comments(8)
2016年 10月 05日

トラのラスツー その2

クラッチ操作なしでニュートラルにし、トラを路肩に寄せました。同行の400Xにはインカムでトラブルを伝えたので、彼も数十メートル先で止まりました。
クラッチレバーはスカスカ。
ギヤボックスにつながっているクラッチワイヤーを手で引いたら、すっと抜けてきました。
e0346254_23104855.jpg

ワイヤーが切れたのではなく、正しく言うと太鼓の部分が抜け落ちたのです。
ワイヤー先端にピントが来てません。m(_ _)m

つづき
[PR]

by tama_photo1 | 2016-10-05 19:44 | トライアンフ | Trackback | Comments(10)
2016年 10月 04日

トラのラスツー その1

やり遂げました。トライアンフのラストツーリング。
舞台は福岡県。海の中道であります。阿蘇ではありません。意外ですか?
「手放すと決めたらトラブル続出」というジンクスがバイクにはあるようです。
期せずしてそれを実証するようなことが起こりました。
もうね、こうやって記事に書くのも嫌になるほどです。
しかし『他人の不幸は蜜の味』ともいいますから、落ち込んだ気持ちを奮い立たせて書いてみます。
e0346254_18505591.jpg



にほんブログ村

つづき
[PR]

by tama_photo1 | 2016-10-04 11:35 | トライアンフ | Trackback | Comments(8)
2016年 09月 28日

ヘッドライトスイッチ修理

ラスツー予行演習Part2で調子が悪くなったトラのライトスイッチ。
ラスツー本番に備えてスイッチを修理しましょう。
ヘッドライトのスイッチは、ハウジング上にあります。
ON/OFFもHI/LOもここで切り替えますが、HI/LO切替なんてほとんどしませんね。いちいちハンドルから手を離すなんて危ないし、めんどうでできませんよ。
まず、ライトを外してスイッチの具合を見てみます。
e0346254_154237.jpg


にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村

つづき
[PR]

by tama_photo1 | 2016-09-28 02:24 | トライアンフ | Trackback | Comments(8)
2016年 09月 17日

ラストツー(の予行演習)

次の日曜日にトラのラストツーリングを予定しています。
今日はその予行演習。というか、本番でちゃんと走るかどうかのチェックを兼ねて出かけました。
トラに乗るためには、まず実家まで移動しなくてはいけません。
以前は車で行っていましたが、バイクで行けばそのままスッと乗り移れて早いです。
行くぞ!クロスカブ。・・・だれかさんをパクリました。(^^;
e0346254_1232278.jpg

カメラ:オリンパスペンE-P3 ルミックスG-VARIO 12-32ミリ

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

つづき
[PR]

by tama_photo1 | 2016-09-17 02:53 | トライアンフ | Trackback | Comments(14)
2016年 06月 03日

乗らなくても掃除

地震以来、まったく乗っていなかったトライアンフを引っ張り出しました。
シートがへたり気味なので、表皮をはいで中にスポンジを補充します。
見た目はどうもなさそうですが、ちょっと乗るとぺしゃんこになるのです。
e0346254_20261570.jpg

問題はスポンジよりもおらの体重ってか? ( ̄∀ ̄;)

にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ

つづき
[PR]

by tama_photo1 | 2016-06-03 21:03 | トライアンフ | Trackback | Comments(6)
2016年 04月 24日

地震の被害

バイクに地震の被害がまったくなかったといえば、ウソになります。
16日未明の本震で自宅車庫に止めていたクロスカブが転倒していました。
倒れていたので起こして定位置に戻しただけで、どこが損傷したとか、何も調べていません。
実家に置いているトラも本震で倒れました。しかし、倒れた側に柱があったので20~30度傾いただけでした。
トラは右側のオイルタンクが柱に当たり、そこで止まっていました。
いつもかけているバイクカバーの銀色がオイルタンクに付いていましたが、へこみ傷はなさそうでした。
グッツィは転倒もないし、物が当たってもいないし、ずっとカバーをかけたままなので大丈夫でしょう。

なので、乗ろうと思えば3台とも走行可能なんですが、地震後、こうやってバイクが走っているのを見ても、その気が起きません。
これ、250です、タイヤがデカいなぁ。
e0346254_140261.jpg


つづき
[PR]

by tama_photo1 | 2016-04-24 14:14 | トライアンフ | Trackback | Comments(10)
2016年 01月 22日

寒中初乗り トラで牛深・長島(後編)

このCB、だれのかは知りませんでした。たぶん店主のだろうと思うけど、案外息子のかもしれないし、雇っている店員のCBかもしれません。
そんなことを思いながら特製ちゃんぽんを食べていると、店主が厨房から出てきました。

「トライアンフ、風格がありますね」と開口一番。
どうやら裏口から外に出て、トラをひとしきり見て、また厨房にもどってきたようです。
「いやぁCBもカッコいいですよ」と、ちょっと社交辞令。

ステンレススポークのことから入り、あとは雪崩のごとくバイクの話が続きました。
おかげで落ち着いて特製ちゃんぽんを味わうことができませんでした。まっ、いいけど。
e0346254_23421050.jpg


にほんブログ村 バイクブログ 名車・クラシックバイクへ
にほんブログ村

つづき
[PR]

by tama_photo1 | 2016-01-22 00:41 | トライアンフ | Trackback | Comments(17)
2016年 01月 21日

寒中初乗り トラで牛深・長島(前編)

この日の予想最高気温はひとケタの6℃。ブルルッ。でも天気がよかったのでトラで出かけっぺー。
1月3日にグッツィで枕崎、7日にカブで大牟田・筑紫野を初乗りして、トラの初乗りはまだでした。

カブで秘密基地へ移動し、納屋のトラにご対面。明けましておめでとう。
ティクラーを押して燃料をオーバーフローさせ、キックを5~6回。
数回の爆発は確認できましたが、長く続きません。
前回のツーリングから1ヵ月以上たっているので、すぐに起きないのは無理もないでしょう。

再度ティクラーを押し下げてキックすると、数回でどうにかエンジンが目覚めました。
最初は片肺状態。でもすぐにもう片方にも火が入り、心地よいサウンドが納屋に響き渡りました。
エンジンが暖まってきたら、アイドリングも吹け上がりも安定してきました。
走り出せば厳冬期でもトラは快調です。
でも風は冷たい。というより、痛い。
e0346254_11323777.jpg


にほんブログ村 バイクブログ 名車・クラシックバイクへ
にほんブログ村

つづき
[PR]

by tama_photo1 | 2016-01-21 12:16 | トライアンフ | Trackback | Comments(6)