幸せの黄色いクロスカブ

tamafoto1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 28日

インプレッション 2

千キロの慣らしが終わるまで1ヵ月・・・と書きましたが、トゥインゴは快調に距離を重ねています。
昨日は雨の中、一人で450キロほど走ってきました。お察しのとおり、道の駅スタンプ集めです。
e0346254_09370525.jpg




積算計は昨日で900キロを超えました。もうすぐ慣らしが終わります。
e0346254_09394829.jpg
最初に小さなインシデント報告をひとつ。
オプションで装着したグリルバッジが1つなくなりました。青と白と赤とそれぞれ3枚ずつ、計9枚のセットです
e0346254_09421883.jpg
気づいたときには青が2つなくなっていて、1つはバンパーにくっついて止まっていました。
最初、イタズラされたのかと思いましたが、どうやら自然にはげ落ちたようです。両面テープで簡単に止めてあっただけなので、雨風ではがれたのでしょう。
バンパーにくっついていた1コは元に戻し、もう1個の青は行方不明。クレームで付けてくれるかな?
ちなみにこのバッジ、9枚セットで5,940円。えっ、1枚660円もするのか・・・。

昨日、山中を長く走って気づいたことですが、シートのホールディングが良くないです。
座面も背もたれも硬い。
e0346254_09484433.jpg
張りが強すぎるというか、座ってもほとんど沈み込みません。だからホールディング悪し。
コーナリングしていて背中が右に左に10センチくらい動きます。
仏車って柔らかい脚に柔らかいシート・・・のイメージがありましたが、トウィンゴは違いますね。
そのドイツ車的トゥインゴの足回りですが、背の高いファミリカーにしてはロールが少なく、大きくバウンドしても姿勢変化は少ないです。
カタログでは前がマクファーソン/コイル、後輪がド・デオン/コイルとなっています。
車輪を左右に揺らすロッドがないから、バウンド時の姿勢がいいのだろうと思います。
過去に乗った車では、ボルボ850とカローラTE71にリヤサスのロッドがついていました。バウンドするとリヤがぐにゃりと揺すられて、私はこの感触が嫌いでした。
前後の重量配分は明らかに後ろ寄りで、前に大人2人が乗ってやっと50:50になるそうです。
これまで5台続けてFFだったので、RRのトゥインゴのハンドリングは決してクイックではないけれども軽快です。
FFのようにハンドルを触らずとも直進するようなことはなく、常に微舵を当ててコントロールしながら走る感じです。
e0346254_11420282.jpg
6速EDC独特のフィーリングにも慣れてきました。
デュアルクラッチなので走り出したら1速でもエンジンとタイヤが直結されるようで、エンジンブレーキがガツンと効きます。だから動き出してすぐアクセルを緩めると、ギクシャクギクシャク・・・。
渋滞のときなどは前車にピッタリくっついて走るのは苦手です。車間を開けてマイペースがよろしいようです。
ですから、早め早めにシフトアップするECOモードのほうが運転はスムーズにできますね。
1人乗車なら急坂でもない限り、ターボの効きが弱いECOモードでもストレスなく走ることができます。
ただし、ECOモードにするとエアコンの効きもガクンと落ちるので、暑いときはストレスがたまります。
e0346254_10521652.jpg
タコメーターがないのは寂しかったのですが、スマホにルノーのアプリをDLすればタコが表示されることが分かりました。
できればナビと同時に表示させたいけれど、まだそこまで使いこなせていません。
これにシフトインジケーターが加わればいいんだけどなぁ。
e0346254_10555129.jpg
アイドリングストップはスイッチをいちいち切るのが面倒なので、入れっぱなしにしています。
停車してブレーキを強く踏むとエンジンが止まり、ちょっと抜いてやれば止まりません。止まっているときにブレーキを少し緩めてやると、エンジンが再始動します。
この加減にもずいぶん慣れてきました。止めておきたいときにはブレーキを強めに踏んで右足のかかとを上げておきます。そうすれば不用意にブレーキが緩んでエンジンがかかることもありません。
しかし、たまに止めたくても止まらないことがあります。それは、①エンジンがまだ暖まっていないとき ②外気温と車内温度の差が大きいとき ③5%以上の傾斜があるとき ④バッテリーの能力が弱っているとき・・・らしいのですが、きょうはまったく止まりませんでした。
娘を職場に送っていき、エンジンも十分に暖まっていたはずなのに、長い信号待ちでブレーキを思い切り踏んでもエンジンはかかったまま。無駄なハイオクガソリンを燃やしました。まさがバッテリーが弱ったんじゃないでしょうね。(=д=)
写真の赤い矢印のとこ、Aを打ち消しているのが「アイドリングストップしないよ」ランプです。
できればその理由まで述べてほしかったなぁ。
e0346254_12004298.jpg
キャンバストップを開けると爽快です。でも太陽光もさんさんと降り注ぐので車内は格段に明るくなり、乗っている人間の顔が白日のもとにさらされます。
まぁ、顔には自信があるから構いませんが・・・。\(-。。-#
e0346254_10572938.jpg
前後タイヤの空気圧を適正になるまで0.2kPaほど落としたので、突き上げはそれほど感じなくなりました。
昨日は道路に縦溝のある「グルービング工法」の道を走っていて、尻がモヤモヤと動いて落ち着かないことに気づきました。
バイクではよく感じることですが、これはタイヤ銘柄によるものが大きく、一概に車のせいとは言えません。
しかしミニではまったく気にならなかったので、気持ちのいいものではありませんでした。
トゥインゴのタイヤはダンロップで、前が165/65-15、後が185/60-15の異形です。とくにリヤのフラつきが気になりました。
e0346254_10142677.jpg
あと細かい点ですが、まともなドリンクホルダーが欲しいですね。
ドアポケットに差し込むホルダーを4個(8,640円)それぞれのドアにつけてもらったけれど、深すぎてカップには使えません。また視界から消える位置でしかも遠いので、ペットボトル専用と考えていいでしょう。
個人的にはセブンカフェのホットコーヒーを一番よく飲むので、その置き場に困っています。
e0346254_10414385.jpg
妥協策として、シフトレバーの先に最初からついているボックスを外しました。これ、あまり使いみちがないんです。
そして運転中に左足のふくらはぎに当たって、よく外れるんです。
e0346254_10583356.jpg
そのとりえのないボックスを外すと、下に2個のカップホルダーが出てきます。
このホルダーは浅いのでセブンコーヒーも置けます。場所が低くてちょっと遠いですけどね。
一人乗りのときは助手席側に置いたほうが取りやすいという裏技も発見しました。
e0346254_11011237.jpg
気になる燃費は、なんとか参考になりそうなデータが取れました。
これまで3回給油しました。
1回目は満タンにしたつもりでしたが、トゥインゴの給油口は吹き返しがひどいので、適当なところでやめました。
給油口の径が小さいため、中を覗いても油面がまったく見えないのです。
2回目は最初に自動でストップしてから、ジワジワと注ぎ足しました。するとそれから10L近く入ったのですよ。しかも最後は自動ストップが効かずに2デシリットルほどオーバーフローさせてしまいました。
このとき入ったガソリンは35.12L。カタログでトゥインゴの燃料タンクは35Lになってるんですけど・・・。( ̄∀ ̄;)
e0346254_11213706.jpg
そしてきょう、3度目の満タンです。
ハイオクが26.22L入りました。またしても少しオーバーフローさせました。
2回目の給油で出た燃費は12.5km/L。阿久根(鹿児島県)まで長距離を走ったにしては悪いデータでした。
3回目が17.4km/L。全部一般道ですから、できすぎの感もあります。
それで2回目と3回目を合算すると、895キロで61.34Lですから、平均の燃費は14.6km/Lという結果です。
まぁ、これが長距離中心の燃費と考えていいでしょう。街中オンリーなら10~12かな。
そうそう、トゥインゴの愛称が「ピヨちゃん」になりました。
e0346254_11231685.jpg


[PR]

by tama_photo1 | 2017-09-28 12:05 | トゥインゴ | Comments(6)
Commented by YDの寅次郎 at 2017-09-28 15:45 x
上野のパンダも名前が付きぴよちゃんもtamaさんの所に来て一員になったと言う事でおめでとうございます。
今になって思うにクロスカーブも家族会議で色が決定したような疑惑が浮かんでおります
家のウオシュレット(大死一番絶後再び蘇る)の節電ボタンがカタログ通り10日経過した所でランプの色が変わり便座が冷たくなりました、電子制御ATならボクがなれたのかAIが諦めて合わせたのか登り坂でのシフトダウンが気にならなくなりました。
Commented by tama_photo1 at 2017-09-28 17:09
> YDの寅次郎さん
昨日は英彦山へ行く途中、道の駅小石原の前を通ったのですが、公民館の前に同じく黄色のトゥインゴが止まっていました。持ち主に会って名前を聞けばよかったですね。
私は乗り物に名前を付けることはありません。なんといっても自称ゴルゴ13ですから、冷徹なのです。今度は例外です。
コンピューターでどうにでもなる仕掛けはやっかいですね。まともなのか壊れているのかさえ分かりません。便座は壊れてます。
Commented by kiyomako at 2017-09-28 21:11 x
グリルバッヂはクレームですね(; ・`д・´)
自分で貼るからと1セット貰って、いっぱい貼りましょう!
Commented by tama_photo1 at 2017-09-29 01:40
> kiyomakoさん
たぶんクレーム用にばら売りがストックしてあると思います。^^
このオプションを注文するとき、自分で塗ってもいいなと思ったんです。ゴルフはグリルラインをプラモの塗料で塗りました。
Commented by テンジン at 2017-09-29 09:30 x
5枚目の写真 ずいぶん飛ばしているようにみえます
トゥインゴはスポーツモデルじゃなくファミリーカーですよね
ダブルクラッチのミッションはヨーロッパ車お得意のモノですのでホンダのシャトルも変速系を見習ってもらいたいな
あれはCVTと変わらない変速感覚で期待外れでした(だから買いませんでした)
フランス車の私の印象は足回りがフニャフニャだけどアメ車と違い直進性がとんでもなく良く、長距離を運転していて疲れないというものでした
それがシートが硬かったり足の踏ん張りが良いなど興味津々です
引き続きリポートお願いします

いつも行くデーラーでは今日発売のシビックセダン試乗車はナンバー申請が終わる土曜までお預けとのことなので別の販売店に金曜日乗れる店舗を探しに行ってビックリ
その別販社(といってもホンダカーズです)の試乗車はタイプRでした
MTのうえ450万円越の輸入車体を下ろしちゃうなんて・・・
ナンバーが付いた週末に乗りに行っちゃおうかな
Commented by tama_photo1 at 2017-09-29 22:47
> テンジンさん
仏車らしい味わいなら、シトロエンC3がいいですよ。ただし、あのミッションはちょっといただけません。
シビックRは320馬力ですか? それをFFに積むなんて技術の進歩がすごいですね。値段もすごいけど、事故が増えなきゃいいですね。


<< 道の駅めぐり 7 (4県制覇?)      道の駅 習いごと インプレッション >>