幸せの黄色いクロスカブ

tamafoto1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 27日

DIYでオイル交換③ ファイナルギヤオイル

さーてさてさて、いよいよ最後のオイル、ファイナルギヤオイルです。
取説やいろんな資料を読むと、ますます分からなくなりました。
というのは、その名称です。
たとえば「トランスミッション」と「ギヤボックス」。どっちが変速機でどっちがファイナル(後輪側)だと思いますか?
そりゃぁおめぇトランスミッション=変速機だから、ギヤボックス=ファイナルだっぺ。
そう思いたくなりますよね。ところが油種を見てみると・・・

AGIP GEAR MG SAE 85W-140 Transmission oil
AGIP GEAR MG/S SAE 85W-90 Gearbox oil


トランスミッションオイルのほうが硬いのです。
おかしいなという思いは油量で解決しました。

Gearbox oil 1L
Transmission oil 170c㎥

やっぱりギヤボックス=変速機、トランスミッション=ファイナルでした。
トランスミッションには「送り出す」という意味もあるようで、エンジンの回転力をタイヤに送り出すということかなと思いました。
トランスミッションには3つのボルトがあります。
e0346254_09361523.jpg





上から、ブリーザーボルト、レベルホール、ドレンボルトのようです。
オイルがこぼれないように養生して、一番下のドレンボルトを外します。サイズは11/16。
真っ黒いオイルが出てきました。もしかすると、モリブデンが入っているのかもしれません。
e0346254_09383964.jpg
ボルトの磁石に鉄粉が着いていました。例によってパーツクリーナーで飛ばします。
e0346254_09474702.jpg
レベルホールの大きいネジは六角レンチで外します。適正油量を保つための穴ですね。
e0346254_09495040.jpg
一番上のボルトから注油してみます。内圧を抜くためのリリースバルブがついています。サイズは11/16。
スパナの文字が見えるように向きを逆にしています。これは締めるときのスパナの掛けかたです。
e0346254_09580012.jpg
オイルはレヴテックの85W-140です。注ぎ口があまりにも小さいので車のカタログを切ってじょうごを作りました。
e0346254_10045087.jpg
ゆっくり注ぎます。オイルの粘度が高いので、あまり急ぐとじょうごからオイルがあふれます。
e0346254_10062914.jpg
3回くらい分けて入れたところでレベルホールからオイルが垂れてきました。ここで注油終了。
e0346254_10100481.jpg
もっと正確を期すなら、車体を直立させてしばらく置くべきでしょう。油面が安定して正しい油量になるそうです。
今回はこの状態でレベルホールを閉めたので、量が多いのか少ないのか不明です。折を見てレベルホールを開けてみましょうかね。
初めてのオイル交換、しかも3種類ということもあり、2時間半もかかってしまいました。時間がかかったもうひとつの理由は、窓拭きです。???
エンジンオイルを交換して、そういえばトライアンフのときは空キックしてオイルを循環させたよなーと昔を思い出したのです。
じゃぁV7も・・・と思ったものの、V7にはキックがありません。
そこでちょっとだけエンジンをかけてみたのですが、レベルゲージのフタをしないまま始動したのです。
一瞬、何が起きているのか分かりませんでした。火鉢のやかんをひっくり返したのか火山が爆発したのか、霧が出たように一瞬で視界が悪くなりました。
あわててエンジンを止めると、あたり一面オイルの雨。
特に左側シリンダーとガレージ横のガラス戸がひどいありさまでした。
e0346254_01480031.jpg
このオイルを拭き取るのに30分はかかったと思います。パーツクリーナーとキッチンタオルを使って何度も拭きました。
トラの場合、オイルタンクのフタはしなくてもよかったのですが、グッツィのフタはクランクケースに直結していますから、エンジン回すならきちんと閉めてからやりましょうね。

かくして2時間半後にやっとこさの試乗。
河内~玉名の広域農道を流してみました。
e0346254_10234915.jpg
最初に気づいたのは排気音です。
ポコポコポコという、ひとつひとつの爆発音がハッキリと分かります。
ギヤの入りも、激変ではないけれど少しスムーズになりました。油量が50ccほど少ないので、これも折を見て補充します。

河内~玉名地区は果樹の栽培が盛んで、とくに柑橘類の名産地です。
色づいたみかんがたわわに実り、秋の陽を浴びて光っておりました。
e0346254_10314818.jpg
今回の費用です。
エンジンオイル(カストロール10W-50 1L×2本)3,792円
オイルフィルター、ワッシャー・Oリングセット 2,911円
ギヤボックスオイル(レヴテック85W-90 946ml)820円
トランスミッションオイル( 同 85W-140 946ml)880円
計 8,403円

[PR]

by tama_photo1 | 2017-10-27 01:57 | モトグッツィ | Comments(8)
Commented by YDの寅次郎 at 2017-10-27 19:15 x
こんばんはオイル交換と窓ガラス清掃お疲れ様です、ツーリングの時に思う不満が解消されたようで何よりですそのミカンの味はどうでしたか手を出してさえいれば手の中にミカンが入って来ると思います
火曜日は蚊に刺されましたが今日は自転車のRR’タイヤ交換をしましたが刺されませんでした自転車のタイヤてレバーがなくても手でパコンと入るのですねヨーロッパにはバイクのタイヤも手で入れると聞いていましたので試して見ました。
Commented by tama_photo1 at 2017-10-28 00:39
> YDの寅次郎さん
不安材料はありますよ。
1 ギヤオイルが50ccほど少ない
2 ミッションオイルを入れ過ぎたかもしれない
まぁ、すぐにでも解決できるのですが、ギヤオイル(85W-90)が少し足りないからといって、余っているミッションオイル(85W-140)を足したらどうなるんでしょうか。計算上、85W-92.5くらいの粘度になるかと。同じメーカーの同じ銘柄だから問題ないかと思うのですが、経験豊かな寅次郎さんのご意見をお伺いします。
タイヤを手でパコンは外国人ならではの技だと思います。
Commented by YDの寅次郎 at 2017-10-28 05:30 x
おはようございますボクの経験だとファイナルドライブはtamaさんのおしゃる通り側面の穴からオイルが出るまで入れば量的にはOKで粘度#140は赤道地帯での仕様です日本では抵抗が増えるのでデメリットになりますし独特の嫌な臭いがあるので添加物が入っていると想像しておりますミッションオイルはモロ機械的な特性の手助けをするしクラッチオイルにもなるので転ばぬ先の杖的な考えで混ぜる事はしないですが、ベータもイタ車なのでオイルにオリーブ油を使てみたくなります「幽霊と思いきや枯れ尾花」
Commented by tama_photo1 at 2017-10-28 08:45
> YDの寅次郎さん
やはり混ぜないほうがよさそうですね。でも「混ぜるな危険」とは書いてありません。
ちなみにグッツィV7は乾式単板クラッチだったと記憶しています。
Commented by idachan at 2017-10-30 17:18 x
そういえば我が家のは、初回点検で変えて以来何もしてないんじゃないかなー?
今のところ、知り合いのSYOPの売り上げ協力をしようかと思っていますが、
参考にさせていただきます。
これも、グッチをいじれる店の育成になるかな?
後は来春の車検までもたせるかどうかですわ。
台風2つで秋が無く、めっきり寒くなってきましておまけに週末に限って天候
不良・・・、この歳になって徹夜仕事なんかに駆り出されて、体力的にきつい
のは当然ですが溜まりますねー。

Commented by tama_photo1 at 2017-10-31 16:32
> idachanさん
グッツィのオイル交換は店ごとに異なるようですが、説明書には7500キロごとにエンジンオイル、ギヤオイル、トランスミッションオイル、それにオイルフィルターを替えるよう書いてありました。エアフィルターは7500で掃除し、1万5千キロで交換だそうです。
替えないからといってすぐ壊れるものでもありませんが、規定の距離が来ていたら速やかに替えたほうがいいと思います。私はエンジンオイルだけは5千キロくらい(もしくは半年)で替えようと思っています。
そうですか、お金が溜まったんですね。
Commented by idachan at 2017-10-31 16:58 x
そうですたっぷり、2晩徹夜手当が6000円いつもより多かったみたい(それから税金引かれての勤労奉仕)

25000Kは行っているのでそろそろですね。
エンジンオイルはワコーズいれてますので、フィルター類の
入手方法はどうしてますかご教授をm(_ _)m
Commented by tama_photo1 at 2017-11-01 12:47
> idachanさん
フィルターもネットで調べて購入しました。楽天市場でバイク用品のジャンルへ入り「V7オイルフィルター」で検索したら1社見つかりました。タイラレーシングという会社でした。
グッツィの代理店で通販をしている、たとえばカネバンなどでも扱っていると思います。


<< ちょっと気になるバイク      DIYでオイル交換② ミッショ... >>