幸せの黄色いクロスカブ

tamafoto1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 28日

築城基地航空祭2017

ショッキングな革パンを長く楽しんでいただいたようなので、そろそろ話題転換。
先日の日曜日(11月26日)、福岡県の築城基地航空祭へ行ってきました。航空祭は初めてでしたが、聞きしに勝る混雑ぶりで驚きました。でも、行ってよかったと思いましたよ。
これは航空祭の最後を飾るブルーインパルスの「クリスマスツリー」です。
e0346254_14240382.jpg




バスツアーを利用しました。
これまでに一度も経験のない航空祭だったし土地勘もないので、どこに車を止めてどうやって入ったらいいかも分からないのでね。
熊本から築城基地まで片道だけで4時間半かかりましたが、ツアーで行って正解でした。
バスの駐車場から正門まで徒歩5分でしたから、それだけで金を払った甲斐があるというものです。
飛行機が飛ぶだけでなく、展示もたくさんありました。
e0346254_14330503.jpg
もっとも、展示にはあまり興味が湧きませんでした。
これはF-15イーグルのコクピット部分です。
e0346254_14332757.jpg
ウィスキーパパというアクロバットチーム所属のパイロットによる曲技飛行がありました。
ジェット機と比べてスピードが遅く、狭い範囲で曲技飛行をするので、観客には見やすくて好評なようでした。
e0346254_14360285.jpg
いまとなってはプロペラ機の音がなつかしく感じます。
このエクストラEA-300Lは曲技飛行専用機。1987年設計だそうですから、30年前の飛行機ということになります。
もちろん順次改良を重ねて今があるのでしょう。長く使われているということは、基本設計が優秀だからでしょうね。
ドイツで製作され、機体はカーボンファイバーと鋼管フレームで構成。エンジンは水平対抗6気筒8874ccで300馬力。最高速度は440km/h出るそうですから、車より効率がいいですね。
レッドブル・エアーレースで優勝し、2017年のワールドチャンピオンに輝いた室屋義秀氏もこの飛行機の愛用者だそうです。
e0346254_15022365.jpg
ジェット戦闘機はF-15イーグルとF-2の飛行を見ることができました。
戦闘機が練習機などと違うところは大きさですね。戦闘機のほうが大きく、図体がデカくなると重くなるので当然エンジンも大きくなって、その音も豪快さを増します。
ふだん戦闘機を見ない者にとって、あのエンジン音の大きさは異様です。まさに爆音。小さなくせに(といってもF-2の全長は15メートル超、F-15は19メートル超)音だけはジェット旅客機並みですから。
これはF-15イーグル。かなりトリミングしているので、画像が荒れています。
e0346254_15233902.jpg
これはF-2。お尻の噴射口が1つです。
e0346254_15302463.jpg
ちなみにエンジンは(馬力では表せないので推進力ですが)F-2が9527kg。F-15は10615kgですけど2基積んでいるので21230kgという、とんでもない力持ちです。
e0346254_11361406.jpg
T-4は機体自体が小さくて軽いので、わずか3340kg(1670kg×2)。F-15がリッターバイクなら、T-4は原付二種ってところでしょうか。
でもね、これが編隊を組むと本当にすばらしいんですよ。
e0346254_15402925.jpg
ことしの春、震災復興で熊本の飛翔祭にやってきたときとはずいぶん違う濃い内容で楽しませてくれました。
まぁ熊本のときは何十万人という市民がいる真上での飛行ですから、そう無理はできませんよね。
e0346254_15502227.jpg
大空に描く絵も、バックが青空ならさぞ美しかったことでしょう。
e0346254_15451124.jpg
なんといっても見事だったのは最後の「クリスマスツリー」。全6機そろって周防灘からゆっくりと飛んできました。
このコマは最後に近いほうです。ちょっと色をいじりすぎておかしくなりました。
e0346254_16114175.jpg
この日のカメラはEOS7D-IIでした。
70-200ミリf2.8ズームに2倍のエクステンダーを装着。フルサイズカメラに換算すると、224-640ミリf5.6になります。
e0346254_16164147.jpg
千枚くらい撮ったかも・・・と帰って確認したらその2倍以上、2569枚!も撮っていました。ひぇ~、1日でこんなに撮ったのも初めてです。
電池にも驚きました。予備を2個持参したのですが、最初の1個目の電池残量のバーが1本消えただけでした。ウ~ム、おまえ(7D-II)はカメラ界のスーパーカブか?
次は12月に宮崎県新田原基地で航空祭が予定されています。
みなさんも行ってみませんか。ワタシはコタツで丸くなってます。( ̄▽ ̄;)!!

[PR]

by tama_photo1 | 2017-11-28 16:51 | 写真、カメラ | Comments(5)
Commented by MASA at 2017-11-28 19:39 x
自衛官の知り合い何人かいるから、
私が一緒に行けば 案内役が付いて
しかも 特観席です。。マジで
F2のパイロットも知り合い居るし。。
今は 知らないけど 昔(10年くらい前は)はバイクは中に入れた。車は知り合いの家(近所)に停めてた。。
Commented by tama_photo1 at 2017-11-28 21:11
> MASAさん
来年はぜひともお願いしますダ。m(_ _)m
世間はそういう引っ張りこっぱりで動いているんですよね。昨日も胸にリボンをつけた来賓っぽい方が若い自衛官の案内で基地内を歩いていました。来賓ってどんな人なんだろう、自治会長かなぁなんて話しながら、われわれ下々は人ごみの中をウロついたのでした。
じつは実兄が航空学生でした。もうとっくにリタイヤしていますが、青森の三沢に長く勤めていました。パイロットしては並みの技量だったらしく、ほどなくして教官になり、40代で民間へ移りました。しかし当時はパイロットが余っていたようで地上勤務を数年強いられ、会社は日航に吸収。結局コ・パイロットのまま早期退職しました。
Commented at 2017-11-29 02:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by idachan at 2017-11-30 13:34 x
娘一家の孫守要員で20年ぶりに行ってみましたが、こんなに凄くなっている
とは知りませんでした(当時は車で行ってたような?)

築城の駅からの往きで早々に嫌気がさし、戻りは一寸ズリのなか孫を肩車でし
てクタクタでしたが「ブルーインパルス」は良かったですね。

さすがに上手く撮れてますね、誰かがネットにアップするだろうと写真は撮ら
ず観るのに専念しましたが、最後のツリーは孫のトイレに付き合い観れません
で残念です。来年はテント担いで弁当準備で張り切って行きますかね?

tamaさんがツアーで行くと聞いていたのでどこかにいるんじゃないかと電話し
てみましたが、あの混雑では無理でしたね。

余談ですが、自分も航空学生を受験しましたが、ジェット機は怖いので海上を
受け長崎大村まで2次試験に行ったのを思い出しました。
面接で正直に「父親が飛行機を反対してる」と回答したからとは思いませんが
、今の自分がありますわ。

Commented by tama_photo1 at 2017-12-01 02:29
> idachanさん
おやまぁ、そばにいらっしゃったんですね。電話は気づかずにすみませんでした。
墜ちて亡くなる人は少ないけれど、それでもパイロットの親は心配ですよ。兄は普通の自衛隊員になって何回目かで合格しました。合格しなければ受験年齢のリミットが来た時点で自衛隊を辞めると言ってました。再就職した日航が最後にはあんなことになって、兄も私同様ついていない人間だったと思います。
一緒に行った友人が12月2日(土)に新田原へ予行演習を見に行こうと誘ってきましたが、まだ1週間しか経っていないので、私はコタツで丸くなります。


<< 障子の貼り替えはライダーのつとめ      レザーパンツ >>