人気ブログランキング |

幸せの黄色いクロスカブ

tamafoto1.exblog.jp
ブログトップ
2019年 05月 15日

V7 プチ修理(スナップリング交換)

V7をちょっと修理しました。
いや、恥かしくて「修理」とは言えないくらいのレベルなんですよ。
アゴスティーニのマフラーのエンドバッフルを止めるスナップリングが折れていたんです。
e0346254_18284774.jpg

にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ




折れていたのは右側だけ。左は無事でした。
スナップリングの寸法はどうやって測ればいいんだろうと、まずネットを検索。いまは便利ですね~。
すぐ分かりました。
e0346254_18375432.jpg
寸法うんぬんの前に、スナップリングには「軸用」と「穴用」があるのを知りました。( ̄∀ ̄;)ハズカシー
軸用は、軸にしがみついて抜けを防止するもの。軸にはスナップリング用の溝が掘ってあって、そこに広げたリングをパチンとはめ込みます。
穴用は軸用の逆で、穴でパッと広がって、その奥の部品が抜けないようにするもの。ギュッと縮めたリングを穴に入れて広げてはめ込みます。
で、マフラーのこれは「穴用」です。
寸法を測ったら、d3(直径)が47ミリ、t(厚さ)は1.7ミリ、b(幅広い部分)は4.0ミリでした。
e0346254_18483781.jpg
で、JISで決められた規格の中に、ピッタリのがないんです。
仕方がないので一番近いR45を注文。R45のd3は48.5と1.5ミリ大きく、tは1.75で0.05ミリ厚く、bだけがかろうじて同じ4.0ミリでした。
モノタロウで7個入りが497円。それに送料500円と消費税がかかって計1,077円。
さっそくスナップリングプライヤーを使ってはめようとしましたが(こうやって縮めて差し込んでから広げます)
e0346254_21433189.jpg
耳たぶ?の膨らんだ部分が当たってうまくいきませんでした。
形の違いが分かりますか?イタリアのスナップリングは元々こういう形なのか、それともアゴスティーニの特注か。
e0346254_21373490.jpg
ヤスリで削って形を合わせました。
e0346254_21363488.jpg
それでもうまくはまらず、マイナスドライバーでたたき込んだのですが、まぁ大丈夫でしょう。
e0346254_21415861.jpg
しかし、力もかからない部分のスナップリングがどうして折れたんだろう。熱?振動?それとも金属疲労?
いろいろと世話の焼けるアゴスティーニマフラーです。
ところで余った6本のスナップリング、どうしましょ。
e0346254_21480791.jpg



by tama_photo1 | 2019-05-15 21:58 | モトグッツィ | Comments(6)
Commented by SevenFifty at 2019-05-16 00:53 x
こんばんは。
SevenFiftyです。

先日久々に古いV7を見かけました。
前後ドラムブレーキでアップハンドルに深い前後のフェンダーでした。
V7 SPECIALじゃないかと思います。

音はというと
カタカタカタ・・・・
バサバサバサ・・・・

古いイタリア映画に出てきそうでした。
Commented by tama_photo1 at 2019-05-16 09:22
> SevenFiftyさん
グッツィのミーティングではだいたい1~2台は見ますね。ロングツーリングは任せとけ―みたいなスタイルをしています。ヘッドカバーがアルミの楕円形で、アイドリングがいまにも止まりそうなくらい低くて周りの者をハラハラさせます。
1台いかがですか?
Commented by maou29_v94 at 2019-05-16 13:15
外国の車やバイクって日本の規格と違うって事なんでしょうかね にしても専用工具があるのには
ビックリですw
Commented by tama_photo1 at 2019-05-16 17:28
> maou29_v94さん
プライヤーのことですか?2つも持っているんですよ、エッヘン。<(`^´)>
じつは買ったのを忘れててもうひとつ買ってシマッタのです。年に1度くらいしか使わないので、買ったのを忘れるなんて朝めし前です。
Commented by テンジン at 2019-05-20 15:33 x
週末は私も加工作業でした
コースを走るにはいたるところにワイヤリングを求められます
いままでレース車検は通っていましたがオイルキャッチパンに隠れている真鍮ドレンボルトは穴なしのワイヤリングできない物ですので鉄製の同サイズを買ってきて3カ所穴加工することにしました
ところが・・・
ボルト頭の中心くらいに2mmの穴を1箇所開けてみたら内側の座繰りがあってその穴からオイルが漏れちゃう
これでこのドレンボルトはパー
新しいのをもう一個買ってきてノギスで測ってみると端面から2.8mmのうちに穴を開けなければなりません
考えた末、六角頂点から1/3離れて端面から1.5mmのところに1.5mmのエンドミルで斜にならい穴をつくって1mmのドリルでゆっくり貫通させて成功
同じ作業であと2カ所もドリルを折らずに仕上げることが出来ました
まさかあんなボール盤でエンドミルを使うとは思いませんでしたよ
Commented by tama_photo1 at 2019-05-20 18:38
> テンジンさん
レースは厳しいですね。
ハッタリでもいいから自分のバイクにワイヤリングを施したらカッコいいだろうなと思います。
トラだとあちこちできそうで実用的でもありますが、今どきのバイクはむき出しのナットも少ないしなぁ。ドレンボルトはどうせ見えないからアピール度が低いッス。ヾ(- -;)


<< 体力 気力 努力 いだてんの故郷探訪      県道6号 日之影宇目線を走る >>